ディバイン100mgはミノサイクリンに組成される抗生物質の一種ですが、抗生物質というのは病気の症状や感染症の原因となる細菌に対して作用を働きかける医薬品のことで、ミノサイクリン以外にも抗細菌作用を持った医薬成分はありますが、それぞれの抗生物質で細菌に対しての作用機序は異なるという特徴があります。
いずれにしても細菌性の感染症や炎症などを引き起こしている場合は細菌を体から取り除かないと症状の回復は遅れてしまうため、重たい症状が見られる場合は特に抗生物質を服用する機会は増えてきます。

ディバイン100mgがもたらす効用は細菌を組成する細胞のタンパク質を直接的に攻撃して、これによって細胞を死滅させることで体に対して悪さを働いている細菌が起因して発症している感染症などの症状を改善することが可能となります。
ミノサイクリンのメリットとしては半減期が長いという特徴がありますが、最大で半日間は薬効が出ているので確実に細菌へ圧力をかけて細菌数を減らすことができる一方で、正しく用法や用量を守って服用をしないと副作用の症状が発症してしまう可能性を高めることになるので注意が必要となります。

ちなみにディバイン100mgにはニキビの原因を作るアクネ菌という細菌に対しての薬効もあるため、ニキビの治療薬として使用されることもあります。
ただし、正式にニキビ治療薬として認可されているわけではないので注意が必要ですが、抗生物質の危険性が下がると今後は一般的なニキビ治療薬として使用されるようになる可能性はあります。